ホーム » 定時制TOP » 教育目標・学校目標

教育目標・学校目標(定時制)

1.教育目標

○安心・安全な教育環境を整え、授業に真剣に取り組む姿勢を育てる

○生徒一人ひとりが「自立」と「自律」を身に付け、自己実現を目指す姿勢を育てるとともに社会で活躍するための学力・生きる力を育成する

2.学校目標・指導方針

教育課程

○多様な学習ニーズに対応するため、生徒の状況に応じて学習内容の充実を図る。
・きめ細やかな履修指導を行うことにより、生徒一人ひとりのニーズに応じた「学び」の確立を図り、テーマ学習のよりよい運用を図る。

生徒指導・支援

○家庭環境や個別の事情に配慮しつつ、生徒指導と教育相談を両輪としたきめ細やかな支援体制を確立する。
・生徒一人ひとりの発達と自立を促すために、コミュニケーションを大切にして生徒理解に努め、きめ細かい生徒指導・支援を行う。

学習指導・授業改善

○組織的・継続的授業改善と一人ひとりの理解度に応じた学び直しの推進により、基礎学力を確実に定着させ、自己実現に結びつける。
・新たな教材の活用や、少人数編成・TT等の授業形態、さらに指導方法等を研究することにより、学習意欲の向上を促し、「学び」の達成感を与える教科指導体制の充実を図り、学び直しを推進する。

キャリア教育

○生徒一人ひとりの発達段階に応じたキャリア教育を組織的に展開する。
・職業の授業・進路説明会・ワークショップの充実を図り、職業理解を促し、進路実現に向けて生徒一人ひとりの興味・関心に応じたキャリア教育を推進する。

地域等連携

○地域の教育力を活用して連携を深めるとともに、情報発信を推進する。
・総合的な学習の時間やテーマ学習において、地域との連携の強化を図るとともに、ホームページ等を活用した広報活動を推進する。
・中学校訪問や説明会を実施し、本校定時制理解の向上に努める。

学校運営・学校管理

○事故・不祥事防止に対する意識啓発を継続的に実施する。
・学校評議員会・PTA等と連携を密にし、有意義な教育活動の充実を図る中で、生徒の自己肯定感の向上を目指し、安心・安全な学校づくりを推進する。

3.単位制による学校運営の推進

○単位制にふさわしい開かれた学校づくりの推進
・学校目標・グループ目標設定に基づく学校評価体制の推進
・長期的展望に立った学校経営方針の明確化と適切な諸会議運営
・学校運営の透明性・公開性の確保と学校評価システムの推進と検証計画の確保
・単位制にふさわしい校内組織体制の確立と自己検証体制の確保
○学校教育の管理
・定時制普通科高校にふさわしい教科指導体制と進路指導体制の確保
 (1)学習する姿勢の確立と地域社会との共生を図るための実学講座の推進
 (2)基礎学力定着に向けた年次別教科指導計画
 (3)多様で柔軟な教育課程の整備と高大連携・高専連携の充実
 (4)単位制システム推進に向けた単位認定の仕組みの整備
 (5)評価規準に基づく年間授業計画(シラバス)策定と適切な授業運営
 (6)個に応じた教科指導・学習指導の推進と習熟度別授業展開の研究・実践
 (7)年間指導計画に基づく「総合的な学習の時間」、「産業社会と人間」、「LHR」とキャリア教育の研究・実践
 (8)進路指導の充実と進路実績確保に向けた年次別進路指導計画
・個に応じた生徒指導・カウンセリングによる豊かな心の育成推進
 (1)一人ひとりの個を尊重した教育相談・カウンセリング組織の確立
 (2)公徳心の育成と社会規範の遵守や地域ボランティア活動の育成
 (3)LHRにおける交通安全・薬物乱用防止・人権教育などのコーディネート機能の確立
○校内組織の活性化と人材育成
・企画会議を軸とした校内連携体制の確立(意思決定機関の確立)
・教科指導体制(授業力向上)と生徒指導体制(生徒指導・カウンセリング)の確立
・グループ体制を軸とした活力ある人材の育成
・学校教育活動の公開性の確保に向けた広報活動の推進
・情報管理一元化と個人情報保護体制の確立に向けた、情報管理部門の設置と、情報管理体制の確立
○職員の指導・監督
・授業(業務)観察を通した人事評価制度の推進と人事管理
 (1)教職員の服務規律と服務管理の徹底(服務管理体制)
 (2)教職員の指導力向上と人材育成(人材育成体制)
 (3)起案の励行とファイル基準に基づく文書保存体制の確立(文書管理体制)
 (4)成果主義に向けた業務遂行責任の明確化と起案の励行(業務管理体制)
 (5)教職員の綱紀の保持と事故防止研修体制の確立(職員研修体制)
 (6)適切な学校事務体制の確保と施設保全管理の徹底(施設管理体制)
このページの先頭へ

神奈川県立 小田原高等学校 定時制課程

〒250-0045 小田原市城山3−26−1 直通電話:0465-23-1063 FAX:0465-23-6144

Copyright (C) Odawara part-time High School All rights reserved.